ダイエット事情のウソホント

ダイエット事情のウソホント

おいしくたべて体重を増やさない

なんだかタイトル通りの文言で検索してみたら妊婦さんが質問した掲示板のスレッドが!

 

ともあれ、食べて太らない、はなんとかなりそうです。食べながら痩せる、食べるだけで痩せる。これはありえないというか夢で希望で、でも食べていても痩せる、というのだったらそれはお医者さんに逆に相談したほうがいいかもしれませんね。

 

でも!

 

若いとき、(自分の場合は高校時代のことですけれど。)朝ごはんしっかり食べて。お昼ごはんはちょっと。学校終わりにファストフード!(ついでに運動系の部活はやってません)夜ご飯しっかり、こんな感じの生活で、まったく太りませんでした。

 

太るどころか「マッチ棒」といわれるほどに痩せていたんです。痩せすぎだったんです!

 

それって結局若いときには新陳代謝がどうたらかーたら、ってことになるんでしょうけれど。長女出産で10キロ太って12キロ痩せる、みたいな展開でけっこう自分ってイケてる?って思いましたが。

 

じつはこれ難産でしたし、あまりよくなかったのかも?
切迫早産で最終的に半年弱病院に入院、管理してもらって10キロ。産後はなんだかんだ一人目で忙しかったりでマイナス。

 

痩せている、ってコトに対してあまりいいことじゃないなぁ、と思いました。

 

なので若いときにはいっぱい健康的に食べて、そして健康的に「体重を維持する」ってことも必要なのかも?

 

なので美味しく食べて体重を増減させない。これも大事。節制ばかりしてもよろしくない。それはきっと大事な事。我慢する事って結局ダイエットにはきっとよくないんです。

 

毎日規則正しい生活で、ためこまない、それがダイエットの遠回りのようで早道、かもしれませんね。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ